トップ > 製品情報 > ウルトレッサ®
業務用機器

ウルトレッサ®

ULTRESSA®

ウルトレッサ®は、帝人株式会社が1987年にFRP容器のパイオニア、米国SCI社から導入した日本初の複合容器で、これまでの国内累計出荷本数は30万本を超えています。

ULTRESSA® is FRP composite cylinder that was developed by U.S.-based Structural Composites Industries(SCI), a pioneer of composite cylinders, and introduced on the Japanese market by Teijin Limited in 1987.
More than 300,000 of these cylinders have been sold in Japan since then.

 ● 一般複合容器
   ・防災用空気呼吸器
   ・在宅医療用酸素容器
 ●自動車用燃料容器
   ・天然ガス自動車用燃料容器
   ・水素燃料電池自動車用燃料容器

 ●General Applications
    ・SCBA(Self Contained Breathing Apparatus)
    ・HOT (Home Oxygen Therapy)
 ●Automotive Applications (Fuel tank)
    ・NGV (Natural Gas Vehicle)
    ・FCV (Fuel Cell Vehicle)

特 徴/Features

構 造/Structure

ウルトレッサ®は、アルミ合金でできた継目無しの円筒(ライナー)を内筒とし、その外側をエポキシ樹脂に含浸したガラス繊維、またはカーボン繊維などの高強度繊維で多層に巻きつけた構造を持つ、超軽量圧力容器です。この構造により、万一の場合にも、破裂が起こらないようにライナーからのガス漏洩が先行し内圧を安全に低下させる構造になっています(Leak Before Break構造)。
Lightweight ULTRESSA® is made by fully wrapping seamless aluminum liner with continuous fiber glass or carbon embedded in epoxy resin. It offers leak-before-burst rather than catastrophic rupture failure mode.

軽量性/Lightness

ガラスFRP製ウルトレッサ®は従来のスチール製容器に比べて約半分の軽さです。カーボンFRP製ウルトレッサ®では、炭素繊維の採用、最適設計によりガラスFRP容器のウルトレッサ®に比べて更に約30~40%の軽量化を実現。防災活動における作業負担の軽減、自動車用途における燃費、衝突安全性の向上などさまざまなメリットを生み出します。
ULTRESSA® Glass FRP cylinder is 50% lighter than a conventional steel cylinder. ULTRESSA® carbon FRP cylinder is 30 to 40% lighter than Glass FRP cylinder because of high strength carbon fiber and optimized cylinder design.
The light weight makes fire fighting easier and safer, and in automotive applications, it improves fuel consumption and enhances safety.

ウルトレッサ 特徴